So-net無料ブログ作成

-394/1827 退職準備中

FS79EQOX7FES7X09BGENVFD94HXY1K77_0.jpg

 いや、本当にサムネイルで区別できなくなってきました。
 毎週同じ落書きばかり。
 精神状態によって微妙に変わっているので、私自身の自己診断的な意味を兼ねてのらくがきなのかもしれません。
 今週は、精神状態不安定です。



 さて。

 出向先の職場の態勢があまりに陰湿で気に入らないので、退職願を出すことになりました。
 あー、出向先に出しても意味がないので、本社側に提出です。
 出向先は小規模のクソ会社、かつ、陰湿な連中が管理を行っているので出しても揉み消されるだけですし。

 そもそも「社員が足りないので出向社員をください」と、本社側に頼んできた上、私を名指しで指名しているんですね。
 この辺りから変だと思っていたのですが、社員が足りなくなった理由は、総務部長がストレス発散のために気分で嫌がらせを行うことが原因だったようです。定年を迎えた人が次々辞めていった+人を育ててこなかった。
 そこで無理難題言っても泣き寝入りして従いそうな社員を、という事で私を指名してきたようなのです。

 仕事が大変(実際、前任者が退職してしまっているので引き継ぎもほぼなく、量も多く大変)なのは仕方ないので頑張るしかないと思っていました。
 しかし、時間のない中、業務を進めようとすると、クソ総務部長が事あるごとにヤジを飛ばしてきて邪魔立てするのです。
 出向してきて決済や支払処理の方法を聞くと「ほかの社員の邪魔をするな、迷惑だ」と怒鳴りつけてくる。それなら、と、常識的に考えて処理すると「誰に教えてもらったんだ」と突き返される。もちろん、どこが間違っているのかなんて教えてくれません。
 月末の締め切りが近いというのに何も進まず、もちろん総務と違ってそんな内輪でどうにでもなる事務処理しかやっていないわけではないので、ただでさえ負荷が多い業務がすべて停滞。そして私の上司である部長は「俺もよくわからん」しか言わず、引き継ぎサポートの同僚も「前任者がやってたことは、俺も良く知らない」しか言わない。

 いや、本当は知ってるんですよ。2人とも。
 でも、助け舟出すとクソ総務部長に怒鳴られるので、知らぬ存ぜぬを決め込んでいるんです。
 その証拠に、私が本社へ退職願を出しに行って業務放棄したら、私が扱っていた申請関係の作業をお互い話し合いながら進めているじゃないですか。クソが。
 とはいえ、知っていてもあの業務量をこなすのは大変だと思いますが。

 まぁ、そんな訳で、本社へ退職願を提出し、人事部にヒアリングを行われ、正直にすべて話して辞めたい旨を伝えました。
 あまりにも急だったので、もう一度ヒアリングを行うという運びになり、明日もう一回面談を行ってから退職願を受理してもらうことになりました。

 会社辞めちゃう計画は以前から準備してきており、いつ辞めても何とかなるようにしてきたつもりではありますが、まさか、こんな急転直下の展開になるとは。

 それと最後の3年は東京勤務にされてしまったため、貯金が予定より600万円ほど少ないのです。
 これが意外と微妙な位置づけなのが痛い。
 600万円と言ったら、毎日1,000円使って約20年分です。
 または、葬式料金。

 現在の貯金、私一人なら何とかなるのですが、母親に貧乏くさい思いはさせたくないので考えモノでもあるのです。とはいえ、ここでキッパリ辞めないと出向先の社長と総務部長に「一時的にカッとなって辞めるといっただけ」みたいに言われるのが見え見えですからね。
 気持ちも考えも変わっていません。辞めます。

 とにかく、今回の件は天下り連中のクソ道楽の巻き添えになった感があり、ひたすら腹が立っています。そのせいで、この2週間くらいまともに寝れませんし、食べても吐きます(体重が元に戻りました)。
 そういった意味でも「なかった事」にされたくはないので、現状を伝えたうえで退職、がベストですね。


 長かったこのBlogも、ついに終わる時が近づいてきたようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0